ノルウェーフレンドシップヨットレース杯 : バイキングシップ

1964 年、東京オリンピックの 5.5mクラスに、現ノルウェーのハーラル 5 世国王陛下が選手として参加され、その際、現天皇陛下と皇后陛下もレースを観戦し応援なされました。
37 年がすぎ、2001 年 3 月 28 日、穏やかで暖かい春の日に、国賓として再来日された、ハーラル5 世国王陛下とソニア王妃が、天皇皇后両陛下のご案内で、かつて若き日に戦った、この思い出
深い江の島ヨットハーバーにお出ましになられました。
東京オリンピックのホストクラブを務めた私たちは、このご再訪を機に、日本・ノルウェー友好記念レース、「ノルウェーフレンドシップヨットレース」を 2002 年春に開催いたしました。そして 2003 年春、第 2 回大会には、海を愛するノルウェーのシンボルであるバイキングシップの優勝杯(ノルウェー王国大使杯)を 3 部門にいただきました。
毎年開催しているこのレースは、かつてハーラル 5 世陛下が帆走され、天皇皇后両陛下が観戦・応援なさった 2 国間の友好の思いが込められております。このレースに参加する多くの方々にノル
ウェー王国を身近に感じていただき、よりいっそうの友好を進めるその象徴として、このバイキングシップ(杯)を毎年の参加者で受け継ぎ、そして語り継いで行こうと思います。

Norway Friendship Yacht Race Cup : Viking Ship

In 1964 Tokyo Olympic was held and present King Harald V participated in the 5.5 Meter Class race as a competitor, and at that time present Emperor and Empress watched and cheered the race 37 years after the Tokyo Olympic, King Harald V and Queen Sonja of the Royal Norwegian visited Japan as state guest. On 23rd March 2001, it was a warm and mild day, they visited Enoshima yacht harbor with memory of Olympic race in young age together with Emperor and Empress of Japan .
With this occasion, Enoshima Yacht Club which hosted The Tokyo Olympic held Japan
Norway friendship memorial race, “Norway Friendship Yacht Race” in spring of 2002. And in spring of 2003 for the 2nd race we received Viking Ship Model symbol of Norway who loves ocean as a championship cup (Norwegian Ambassador’s Cup) for the race winner for 3 classes.
Every year this race has been held for good memory and friendship between both countries, King Harald V sailed off Enoshima and Emperor and Empress watched and cheered race. I hope many of the people participating in the races will feel more closely to Norway and promote friendship between both countries.
We would like to succeed and hand down the story of Viking Ship (Cup) as a symbol of friendship from generation to generation with participants in the races every year.

投稿日:

Translate »

Copyright© ノルウェーフレンドシップヨットレース , 2018 AllRights Reserved.